So-net無料ブログ作成
検索選択

心よりお見舞い申し上げます [未分類 画像無]


地震、津波、そして原発事故。

大災害が起きてしまいました。



まずは被災された方々にお見舞いを申し上げます。

そして不幸にも亡くなられた方々に追悼の意を表します。



連日、テレビラジオなどの報道でその被害の大きさに驚き、落胆しております。

これだけ広範囲にあれだけの大きさの地震、そして津波、そして原発の事故。



大勢の犠牲者、家も街も無くなってしまった被災者の方々。

その悲しみは計り知れないことと思います。



仕事をし家族の居る明るく暖かい自宅へ帰りゆっくり眠れる幸せ。

そのどれもが奪われてしまった被災者の方々の心痛は計り知れません。



建物の耐震補強はどうだったのか。

津波に対する防波堤の整備などはこれで足りていたのか。

原子力発電所の耐震、対津波対策は万全だったのか。



テレビなどではエラソーな先生方が、
「想定外の大きさの地震と津波だったから」などと言ってたりします。

エラい先生なら想定しておけ!と言いたくもなります。



大災害の後には必ず出てくる単語「想定外」。



人の命より大事なものはないのだから、30メートルの防波堤があったっていいじゃないか。

原発の非常発電装置は分散配置して5基でも10基でも設置しておけばいいじゃないか。


などと思わず思ってしまいます。



ついでに言わしてもらうなら、計画停電もこれじゃ無計画停電でしょう、と。

西日本からもっと多くの電気が供給出来るはずなのに周波数変換所が少なくて出来ない。


どうして想定しておかなかったのだろう?

まあ、今更こんなことを言っていてもどうしようもありません。



とにかく今、一番大変な被災されて避難されている方々。

そして被災地で救助活動や支援を必死でやってくれている方々。

自衛隊、消防、警察、自治体、原発の現場の方々。


これらの方々に、ただただエールを送るしかありません。



さて、実は私、医療に関連する仕事をしております。

職場に正式な災害派遣の依頼はまだですが、問い合わせはありました。


阪神淡路大震災の時も中越地震の時も同僚が災害派遣されて被災地へ行っております。

当然今回も誰かが行くことになるでしょう。


いつ正式に依頼が来ても大丈夫なように準備だけは既にしてあります。

まだ確定ではありませんが、もしその時が来れば行って参ります。


微力ながら少しでもお手伝いが出来ればと思っております。

nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 13

コメント 4

JOY

もしその時が来たら、現場に行っても足手まといな私のぶんまで
頑張ってください!そして元気に戻ってきてください。

by JOY (2011-03-18 09:35) 

Gamaoyabeeeen

シシリン殿と医療という関係性は想定外でした。(爆)
でも、そんなシシリン殿の決意に男気を感じました!
ぜひ、多くの人々を勇気づけてきてください!!
by Gamaoyabeeeen (2011-03-20 01:48) 

eyes

本当にそうですね・・・・
あまりの悲惨な情景に思わずTVのスイッチを切ってしまっていましたが、それではいけないんですよね。
ちゃんと直視して、情報を得て、たとえ微力でも今の私にできることを見つけなくていけない。今はそう思っています。
どうか、頑張ってきてください。
よろしくお願いします。
by eyes (2011-03-25 15:04) 

ふうた〜ん

なんかすっごくステキだわ!


by ふうた〜ん (2011-05-29 03:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。